命を守るシェルター協会

設立理念Founding Philosophy

各国の核シェルター

日々緊張が高まるウクライナ情勢で、日本国内の有事の際に命を守るシェルターの必要性が増大しています。

シェルターは有事のみならず、地震・津波・火災からも防災としても有用です。
日本は地震大国で、いつどこで大地震が発生するか分かりません。国連大学が世界171か国を対象に自然災害に見舞われるリスクを評価した「世界リスク報告書2016年版」によると、日本は世界第4位になります。
また日本には42基の原子力発電所があり、これは全世界にある原子力発電所(439基)の約10%です。原爆は小さくて爆発力が大きい・原発は大きくて放射線量が多いという特徴があり、広島原爆の約1000倍もの核分裂が原子炉1基の中で行われている計算になります。

諸外国には有事の際に国民が避難するシェルターが普及しています。しかし、日本は被爆国であり、周囲を核保有国に囲まれているにも関わらず、 普及率はたった 0.02%です。

《有事の際のシェルター普及率》

  • スイス:100%
  • イスラエル:100%
  • ノルウェー:98%
  • アメリカ:82%
  • ロシア:78%
  • イギリス:67%
  • シンガポール:54%
  • 韓国のソウル市:323.2%
  • 日本:0.02%
  • 絶対にあってはならないことですが、万が一、核兵器が投下されたら想定される被害は、例えば100キロトン級の原爆(広島に投下された原爆は15キロ)が爆発すると、半径2キロ以内の人間は即死します。
  • 300キロトンの原爆なら、周辺126平方キロメートルの人間は即死します(数十万人が死亡)。
  • 最新の核兵器の威力は、広島・長崎型の何万倍にもなり、広島・長崎に投下された原爆の何百万倍もの放射線を放出するので、想定される被害はまさに地獄図です。
  • 生き残ったとしても、放射線は、人体の細胞を破壊し、血液を変質させ、肺や肝臓等の内臓を侵すので、2週間身を潜められるシェルターが必要になります。 放射性物質は2週間には1000分の1になります。

シェルターは有事の際のみならず様々な災害から、国民の尊い生命と財産を守る為に必要なものです。私達はより多くの一般家庭や企業に核シェルターを普及すると共に、国家や市町村にも取り組んで頂きたく活動をしております。

命を守るシェルター協会 代表 深月ユリア

有事の際のシェルターとはAbout Fallout Shelter

核シェルター

※当協会では販売をしておりません。

核シェルター

①地下に埋めるタイプ

住宅や社屋の新築の際に地下に埋めるタイプです。このタイプがもっとも頑丈になります。

設置例

核シェルター

②一般家庭や駐車場・地下街に取り付けるタイプ

住宅やビル、駐車場・地下街など建物・施設の既存の環境を有事の際に密閉できるように工事して核シェルターにするタイプです。  地上の住宅に設置する場合は地下設置型ほど核爆発の衝撃に耐えられませんが、放射能や毒ガスなどCBERN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物)に除去する空気清浄装置を設置して、核爆発の一撃を逃れた後の生存環境を確保することに役立ちます。

小規模設置例

中〜大規模設置例

核シェルター

③地上に建てるタイプ

住宅や社屋の新築時に併設して地上の空きスペースに核シェルターを建てます。
地下設置型ほど核爆発の衝撃に耐えられませんが、 放射能や毒ガスなどCBERN(化学・生物・放射性物質・核・爆発物) や自然災害からは身を守ります。

設置例

協会概要Overview

事業内容

  • 有事の際のシェルターの普及活動
  • セミナー・イベントの企画・運営
  • メディアの企画・制作

役員

所在地

〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-17 細川ビル811

LiSSA会員Member

LiSSA会員募集についてはこちらをご覧下さい

お知らせWhat's New

2022/8/24
2022年8月24日 濱川一郎氏 理事就任
2022/7/8
2022年8月21日 「ウクライナ戦争後の国際情勢~日本も危ない!核シェルターも必要? Vol.2」シンポジウム開催!
2022/6/14
2022年6月14日 元環境大臣 原田義明氏 顧問就任
2022/6/13
2022年6月13日 神山清明氏 理事就任
2022/5/28
2022年5月16日 衆議院議員 石破茂氏 顧問就任
2022/4/29
2022年5月21日 「ウクライナ戦争後の国際情勢~日本も危ない!核シェルターも必要?」シンポジウム開催!
2022/2/26
サイト設立。

お問合せInquiry

送信しました

送信に失敗しました

inserted by FC2 system